メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP封筒の主流

OPP袋と言ってもそれが何か分からない人の方が多いと思いますが、OPPとは英語のOriented Polypropyleneを略したもので、日本語では2軸延伸ポリプロピレンとなり、ポリプロピレンを縦横方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことです。

OPP袋というよりも、一般的にはビニール袋や透明袋と言った方が分かりやすいと思います。

OPP袋はすでに延伸しているために、強度があって引っ張ってもほとんど伸びることはないのですが、フィルムを接合しているフチの部分は裂けやすくなっているので、その点には注意が必要です。

その他にもOPP袋の特徴は、透明度が非常に高くて光沢があるところで、耐熱性も130度もありますが、冷温環境下では強度が落ちるというデメリットをもっています。

OPP袋は防水性や防湿性には優れているのですが、直接その中に液体や粉末などを入れるのには適していないので、その点にも十分な注意が必要になります。


またOPP袋と見た目や性質が似ていて、書類や商品を入れる時によく利用されるものにCPP袋と呼ばれているものがあり、CPPとは英語のCast Polypropyleneを略したもので、日本語では無延伸ポリプロピレンになります。

CPP袋とOPP袋が違う点は、OPP袋は触ればパリパリとしていますが、CPP袋はパリパリとした手触りではなく、滑らかな手触りで伸びやすいところが大きな特徴となっています。

またOPP袋に比べて透明度は落ちると言われていますが、これは専門家がきちんと見なければ分からない範囲のものなので、素人がそれほど心配することはないでしょう。

CPP袋の耐熱性は130度以上もあり、OPP袋よりもヒートシール性が優れていて、OPP袋と比較してフチの部分が裂けにくいのもCPP袋の特徴になっています。


このようにOPP袋とCPP袋は同じ透明のビニール袋ですが、いろいろな違いもあるので、用途に合わせて都合の良い方を選んで購入するようにしましょう。

近年、ダイレクトメールの経費削減ツールとしてニーズが高まっている状況の下、このOPP封筒やOPP袋を激安で販売しているショップも多く見かけるようになりました。

たとえばそれほど厚みがない冊子やカタログなどを入れる袋としてはOPP袋が選ばれる方が多くなっていますが、厚みのある本や冊子を入れる場合は、ひっぱり強度が高くてフチもさけにくい性質を持っているCPP袋が選ばれることの方が多くなっています。


A4OPP封筒の使い道

OPP封筒にはいろいろなサイズのものが市販されていますが、OPP封筒で最も多く使われているのはA4サイズのものとなっています。

学校でも会社でも大抵はA4サイズの用紙が利用されていて、他にはB5、A3の順で使用頻度が高くなっています。

コピー機の中にも大抵はこの3つの用紙のサイズがセットできるようになっていて、安価なコピー機であればA4サイズの用紙しかセットできないものも多くなっています。

したがって必然的にOPP封筒に書類を入れる場合はA4サイズのものが選ばれるようになっていて、その次にB5、A3の順に使用頻度は高くなっています。続きを読む…


開封率を高める工夫

OPP封筒は今ではいろいろな用途に使用されていますが、最近特に目立って使用されているのがDM用の封筒としてです。

一昔前まではダイレクトメールを入れる封筒と言えば紙封筒でしたが、紙封筒の場合はどうしても開封しないと中身が見えないため、開封率が上がらないというデメリットがありました。

そのため企業はいろいろな工夫をして紙封筒にお客さんが興味を示す文句やデザインなどを入れて開封率を高めようとしていましたが、それでもなかなか開封率を上げることができませんでしたが、透明であるOPP封筒は、一見して中身を見せることができることから、何もしなくてもお客さんの興味を惹き、開封率を上げることに成功しました。

続きを読む…


料金別納と料金後納の違い

料金別納も料金後納も郵便局で便利に利用できるサービスのことですが、料金別納とは一度に10点以上の郵便物や荷物を出す時に、切手を貼らずに送ることができることができる便利なサービスのことです。

個人の方であれば利用することもないかと思いますが、荷物が多い企業などでは、いちいち1つ1つの荷物に切手を貼らなくてもいいということで、作業効率を高めることができると喜ばれています。

料金別納ではゆうパックを送る場合は1点からでも利用できるようになっています。続きを読む…


OPP封筒の良いところ

DMを送ることは企業にとっては売り上げを伸ばす大切なことですが、最近ではDM用の封筒としてOPP封筒が活躍するようになりました。


OPP封筒の良いところはいろいろありますが、紙製の封筒と比較した場合は特に防水性に優れているところが大きなメリットとなります。

OPP封筒はプラスチックのフィルムでできているので、水を通す心配がありません。

したがって雨の日に外にそのまま持ち歩いていても中身を汚してしまう心配はしなくても大丈夫です。

たとえ地面に落としても、封をしっかりしていれば、表面は汚れたとしても中まで浸水してしまうことはまずないといっていいでしょう。続きを読む…


テープ付のOPP袋

テープ付のOPP袋とは、はじめからテープで封を閉じられるようになっているOPP袋のことです。

OPP封筒にはテープ付とそうでないものが販売されていて、テープ付のものになるともちろん値段は高くなりますが、封を閉じる場合はテープ付を最初から選んで使用した方が使い勝手は良くなります。

テープ付のOPP袋でなくても後からテープや糊などを使用して封を閉じることはできますが、紙の封筒とは違って不器用な人の場合は封をするのも難しいという意見も多く、キレイに封を閉じられないケースも多く見られます。続きを読む…


OPP袋の購入は専門の卸売業者で

OPP袋はホームセンターでも百貨店でも文房具店でも100円ショップでも購入できるほどメジャーなものとなっていて、個人の方であればいろいろなお店で手に入れていることだと思います。

OPP袋と一口で言っても様々な種類があり、そのサイズも中に入れる紙の大きさや中に入れるものの大きさに合わせていろいろ用意されています。

市販のものでなければ自分が好きな大きさにオーダーメイドで注文することもできるようになっていて、さらにOPP袋には色や文字を入れることもできるようになっているため、企業がOPP袋を利用する時には、大抵はOPP袋を専門に卸売している業者やメーカーに注文して手に入れているのが一般的となっています。続きを読む…