メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

開封率を高める工夫

OPP封筒は今ではいろいろな用途に使用されていますが、最近特に目立って使用されているのがDM用の封筒としてです。

一昔前まではダイレクトメールを入れる封筒と言えば紙封筒でしたが、紙封筒の場合はどうしても開封しないと中身が見えないため、開封率が上がらないというデメリットがありました。

そのため企業はいろいろな工夫をして紙封筒にお客さんが興味を示す文句やデザインなどを入れて開封率を高めようとしていましたが、それでもなかなか開封率を上げることができませんでしたが、透明であるOPP封筒は、一見して中身を見せることができることから、何もしなくてもお客さんの興味を惹き、開封率を上げることに成功しました。

さらにOPP封筒には印刷もできることから、ただの透明の封筒としての使い方以外にも、表面にお客さんがさらに興味を惹き文句やデザインも入れることができるので、DM用の封筒はしては最適と言われています。


OPP封筒は紙の封筒に比べて単価が安いため、大量にダイレクトメールを送る時にはコストを大幅に削減することでき、さらに紙の封筒よりも重さもないため、郵送コスト自体も削減することができるようになっています。

透明のOPP封筒をダイレクトメール用の封筒に利用する時には、できるだけ伝えたい文句や商品をお客さんの一番目に付くところにもっていくことは重要になり、透明だからといって何も工夫しなければ開封率を大幅に上げることはできないので、その点には十分に気を付けるようにしましょう。