メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

料金別納と料金後納の違い

料金別納も料金後納も郵便局で便利に利用できるサービスのことですが、料金別納とは一度に10点以上の郵便物や荷物を出す時に、切手を貼らずに送ることができることができる便利なサービスのことです。

個人の方であれば利用することもないかと思いますが、荷物が多い企業などでは、いちいち1つ1つの荷物に切手を貼らなくてもいいということで、作業効率を高めることができると喜ばれています。

料金別納ではゆうパックを送る場合は1点からでも利用できるようになっています。


これに対して料金後納とは、1ヶ月の間に利用した郵便料金を翌日に支払うことができるという便利なサービスで、郵便料金は翌月に振り替えか指定口座へ振り込めばいいようになっているので、荷物を送るたびにいちいち料金を支払わなくてもいいようになっています。

こちらも荷物の少ない個人が利用するというよりも、1ヶ月に送る荷物が多い企業が利用する場合が多いサービスとなっています。

料金後納を利用する場合は、事前に郵便局の承認を取る必要があり、料金後納を利用できるのは、毎月50点以上の郵便物を出すことが条件となっています。

またゆうパックに関しては、毎月10点以上出せば利用できることとなっています。


料金後納に対して料金別納の場合は、事前に郵便局の承認を受けておく必要はなく、さらに料金後納で荷物を出す場合は、後納郵便物差出表とゆうびんビズカードを提示しなければいけませんが、料金別納の場合はその必要もありません。