メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

テープ付のOPP袋

テープ付のOPP袋とは、はじめからテープで封を閉じられるようになっているOPP袋のことです。

OPP封筒にはテープ付とそうでないものが販売されていて、テープ付のものになるともちろん値段は高くなりますが、封を閉じる場合はテープ付を最初から選んで使用した方が使い勝手は良くなります。

テープ付のOPP袋でなくても後からテープや糊などを使用して封を閉じることはできますが、紙の封筒とは違って不器用な人の場合は封をするのも難しいという意見も多く、キレイに封を閉じられないケースも多く見られます。

特に中に商品を入れて販売するためにOPP袋を利用する場合は、多少値段は高くてもテープ付のものを購入した方がいいいでしょう。


テープ付の透明のOPP袋は市販のものでもいろいろなサイズのものが用意されていて、特注をすればどのような大きさにも自由に作ることができるようになっています。

商品を入れて販売する場合は、透明な封筒にデザインも入れられるので、多くの企業は特注でテープ付のOPP袋を購入しているようです。

テープ付のOPP袋は多少であれば止め直しもできるようになっているので、かなり便利に利用できるようになっています。


またカタログやパンフレットやダイレクトメールを送るためにOPP袋を利用する場合も、必ず最終的には封をすることになるので、テープ付のOPP袋を最初から購入するのがおすすめで、テープ付の方がそうでないものよりも作業効率を大幅に上げることができます。